HOME > ご利用者の声

実際にサービスをご利用された方の声をご紹介します。

祖母をもう一度生まれ故郷に連れて行ってあげたい

去年の12月に私の祖母が末期癌である事が分かり家族には告知され、本人には告知されませんでしたが、本人もその事に薄々気が付いている感じでした。しばらくすると祖母が生まれ故郷に帰りたいと言い出しました。
しかし、祖母の田舎は東京から車で4~5時間掛かりとても自家用車では無理。看護師さんに相談をしたら救急車と同じタイプの車で寝たまま移動できる会社があることを聞き早速電話してみました。車内点滴したままでの移動なので不安もあり聞いてみると、点滴をしたままでの移動も多いと聞き安心し頼みました。
車は救急車と同じ感じで(赤灯はなかった)スタッフも親切でした。
(世田谷区在住 K.K様)

寝たきりの母、転院する時に・・・

民間の救急車の会社の存在をしりませんでした。実際自分の身内が寝たきりでどのように転院をするかケースワーカーさんに相談し、その時はじめて知りました。はずかしながら実際に困らないと、とても無関心だと反省しました。
(立川市在住 T.S様)

いつものスタッフだから安心してお任せできます。

いつもありがとうございます。今回も検査通院が無事に終わりました。
スタッフの方には長時間一緒にお待ちくださいましてありがとうございました。
また、2ヵ月後に検査に行く予定ですのでその時はよろしくお願いします。
(三鷹市在住 K.W様)

ダメ元のつもりでお願いを、こころよく引き受けてくれました。

私の娘は心の病を患っています。食事を摂らず、どんどん痩せていき病院に連れて行きたいのですが家族の顔を見ると興奮し暴れてしまいます。専門の会社もあるのですがとても料金が高くとても依頼できませんでした。
インターネットで「株式会社AZUMAの民間救急サービス」の事を知りダメ元で電話してみました。料金は、専門の会社より安く引き受けて(一部条件付で)くれました。条件と言うのはスタッフの方か娘に危険がある場合は搬送できないと言うことでした。しかし、多少暴れましたが、無事に病院まで届けて頂きました。
とても感謝しています。
(杉並区在住 H.K様)

病院の帰りに困ってしまいましたが・・・

祖父が救急車で病院に運ばれ幸いたいした事もなく点滴だけで帰れる事になりました。しかし、右半身麻痺でほとんど寝たきりの状態。私一人しか居なく主人も息子も夕方にならないと戻りません。看護師さんにその旨を伝えると「民間救急サービス」のことを教えてくれました。
連絡をしてみるとすぐに来てくれました。大柄な男性が2名で自宅のベッドまで運んでくれました。タクシーより料金は高かったですが2名でベッドまで運んでくれた事を考えれば妥当な金額なのかなと思いました。
(三鷹市在住 S.S様)